夏場じゃなくても、お天気が悪くても、外出しなくても日焼け止めはどうしても使うようにしています。

日焼け、UV回答に七つ道具、日焼け止め。 学生時代は、外で体育の領域がある日やジムに混じる太陽にことごとく使っていました。 日和のいい太陽に日光に触ると日焼け始める、と思っていたから。 つまり、日和の悪い太陽や外出しない太陽は日焼け止めは必要ないと思っていました。 だから日焼け止めが活躍するのは夏場だけだと。 お素肌のことを考える年齢になり、日焼けをすると黒く至る、という単純なことではなく、UV回答を充分しないと黒くなるだけではなく、将来のお素肌が汚れだらけに患うということを知りました。 黒くならずに赤くなって数日後には元のお素肌に還る者もいますね。 そして、UVの嵩はお日和が悪い太陽のほうが多いことも一気に知りました。 滞り、お日和の悪い太陽のほうが日焼け止めが必要だという主旨。 外に出るのは洗濯物を乾かすだけだから、、 その一瞬でお素肌はUVにやられてしまうんですね。 将来のお素肌のためにも、一年中本当に日焼け止めを附けるようにしています。ディアフルランはサプリでも人気商品